読みやすい洋書・ペーパーバック│おすすめの小説

ジャンル別

読みやすいペーパーバック│ミステリー
読みやすいペーパーバック│日本文学の英訳
読みやすいペーパーバック│ホラー
読みやすいペーパーバック│児童書ダレン・シャン Darren Shan

その他

The Bridges of Madison County (邦題:マディソン郡の橋) 典型的なラブストーリーです。ちょっとリアリティにかける部分があり、入り込めない部分もありました。映画を見て感動した人なら、読んでみても良いと思います。

Breakfast at Tiffany's (邦題:ティファニーで朝食を) オードリー・ヘップバーン主演の映画で有名な作品です。映画と小説でずいぶんと内容が違うようですね。

The Reader (邦題:朗読者) もともとはドイツ語の原作で英訳されたものを読みました。色々考えさせられる、いい作品だと思います。

老人と海 ヘミングウェイの代表作です。彼の文体は読みやすいので、洋書を読みなれていない人でも読める可能性が高いと思います。ページ数が少ないのも手軽に読みやすい要素でしょうね。

Flowers for Algernon (邦題:アルジャーノンに花束を) 知的障害を持つ青年が、手術をきっかけに天才へと生まれ変わる。この選択がもたらす結末とは。いろいろ考えさせられる作品です。

about a boy (邦題:アバウト・ア・ボーイ) ヒューグランド主演の映画の原作です。親の遺産で暮らす独身男と、いじめられっこの少年の物語。お互いに影響され、成長していく姿が描かれています。

The Devil Wears Prada (邦題:プラダを着た悪魔) 映画の原作です。映画が評判良いようなので、読んでみました。個人的には、単調で今ひとつという感じがします。女性が読んだら、もう少し楽しめるのかもしれません。

The Metamorphosis (原題:Die Verwandlung 邦題:変身) ドイツの文学作品です。気づいたら虫になっていたという変な作品。読みやすい文体なので、多読には向いている



読みやすい洋書│小説【一覧】
多読リスト【ジャンル一覧】