TOEIC リスニング│総合的に学習できる専用の教材を利用するのが手っ取り早い

総合的な対策教材を利用する

とりあえず手っ取り早いのは、アルクのTOEIC 対策通信講座などの総合的な講座を利用することです。

この手の講座なら、資格に特化した対策を施してあります。
カリキュラムどおりすすめれば、他のページで解説している面倒なことを考えることなしに、レベルアップすることが出来ます。
もちろん、ちゃんとやればの話ですけどね。

特に、アルクの講座は、レベル別にきちんと教材が作られています。
やってみたらレベルが合わなかったというような失敗は少ないはずです。

TOEIC の通信講座や通学講座を探している人は、「TOEIC(トイック・トエック)の通信教育・通信講座」が参考になると思います。

弱点分野を個別に克服

また、自分の弱点を個別に学習したい方はこのサイトの下記のページが参考になると思います。

TOEIC リスニングのスピードに対応するには 日本人には難しく感じるTOEIC の速読。克服するために必要なのは英語を英語の語順のまま理解できる技術です。

正しい英語の発音を覚えてリスニング対策 正しい発音を知らないと、英語を聞き取ることは難しくなります。

音の変化に対応しリスニング力アップ 英語は単語と単語がくっついて別の音になったり、発音されなかったりすることがあります。