TOEIC リスニングの発音は標準的

発音は標準的

TOEIC の発音は標準的なアメリカ英語です。
変な癖がある発音をする人はいません。
これは私たちには良いニュースでしょう。

話すトレーニングを積んだネイティブスピーカーを使って、問題の音声を作成しているようです。
映画などで耳にする、特徴的な発音をする人はいません。
と言うか、大変聞きやすい音声ですね。

ちょっと問題なのが、イギリス英語やオーストラリア英語の発音をする人が含まれている点です。
正確に書くと、

イギリス、カナダ、オーストラリア(ニュージーランドを含む)の発音が加わることになります。
(公式サイトより)

まあ、ほとんどがアメリカ英語の発音なので、それに慣れてから対策をしても遅くは無いと思います。

さて、大変きれいなTOEIC の発音ですが、それでも聞き取れないという人も多いでしょう。
そういう人は、「正しい発音を知らない」「音の崩れのルールを知らない」などの問題があるのかもしれません。

正しい発音を覚えよう

発音に変な癖が無いとは言え、最低限 正しい発音は身に着ける必要があります。
日本語と英語の発音は違います。
カタカナ発音で覚えていると、聞き取るのは難しいでしょう。

例えば、water という基本単語でもウオーターとカタカナ発音で覚えていた場合は聞き取れない可能性が高いでしょう。
ちなみに、water の正しい発音はこちらです。

英語で使われる音を一通り覚え、単語を正しい発音で覚えておくことが必要です。

正しい発音を覚えたい方は、「正しい英語の発音を覚えてリスニング対策」を参考にしてください。

音の崩れには注意

明瞭に発音しているとは言え、英語を話すときのナチュラルな音の崩れは起きています。
例えば、二つの単語がくっついたように発音されたり、発音されない音があると言うような現象です。

これも映画などに比べると少ないですけどね。
慣れていない日本人には難しく感じるでしょう。

このあたりは、対策を立てる必要がありそうです。

英語の音の変化を学びたい方は、「音の変化に対応しリスニング力アップ」をご覧下さい。


TOEIC の対策【一覧】
TOEIC リスニング【一覧】
英語の発音について考えてみた│あと、教材も【一覧】

スポンサードリンク