英語を速く読むためには、単語を見た瞬間に認識する能力が必要

英語が早く読めない原因はどこにあるのだろう?

英語の本を読んでい、もう少し速く読めたら良いのにと思うことがあります。
そこで、私自身がどんな部分に問題があって英文を読むのが遅くなっているのか考えてみました。

色々考えた中で思いついた原因の一つが語彙の問題ではないかと思います。
語彙といっても、知っている単語が多い少ないといった話ではありません。
もちろん、たくさんの単語を知っているのも大事なんですけどね。

速読のためには、もう一つ大事なことがあるように思います。
速読のために大事なことは、「単語を見た瞬間に音と意味がわかる」ことです。
知っている単語でも、見た瞬間に音と意味が浮かぶようでないと実質的に使い物にならないのです。
ここで「意味」という言葉を使いましたが、必ずも日本語の訳語という意味ではありません。
頭に絵が浮かんだって何だって良いのです。
その単語が文章の中でどのような役割・効果を担っているのか即座に判断できれば良いわけです。
具体例を挙げて説明したいと思います。

例えば、文章の中でpicture という単語を見たとします。
このくらいなじみがある単語だと、見た瞬間に音も意味もわかりますよね。
でも、英語を習ったばかりの時期だとP・I・C・T・U・R・E というふうに一文字ずつ見ていって、やっとこの単語の意味と音がわかるという感じでしょう。
この場合だと、一単語を処理するのに3秒くらいかかりそうですね。
このように一文字ずつ見ていって意味がわかった場合でも、単語を知っていると言っていいのでしょう。
でも、文字の塊である一単語を見た瞬間に単語の音と意味が浮かぶようでないと、実用には耐えられないわけです。

上に挙げたような感じで一文字一文字時間を掛けて処理していると、相当時間がかかりますし、読書としてはストレスにもなります。
全く実用には程遠いと言えるでしょう。
実際に、単語をチラッと見ただけで音も意味もわかるようにするためには同様なトレーニングがいいのでしょうか?
少なくとも、単語を覚えるというプロセスの中で単語を見た瞬間に音が浮かぶようなトレーニングを入れてみる必要はありそうです。

誰かいい方法を知らないかしら?

スポンサードリンク