洋書の多読:読みやすい洋書の紹介

このページでは読みやすい洋書を紹介していきたいと思っています。
外国語として英語を勉強する人のために書かれた本が中心となると思います。

日本とイギリス・アメリカを比較したエッセイ

My Humorous Japan
Tokyo Wonderland

両方とも、日本人の英語学習者向けにネイティブが書き下ろしたエッセイです。
日本とアメリカ・イギリスとの文化の比較が面白いです。

早めに断っておきますが、”My Humorous Japan”の方は実は立ち読みで数ページしか読んでいません。
ただ、こっちも評判いいみたいなので一緒にご紹介しようと思います。

●お薦めのポイント

両方とも難しい単語や表現を極力使わないよう配慮されているので、読みやすい本だと思います。
内容に関しても評判がいいですし、”Tokyo Wonderland”は確かに面白かった記憶があります。
詳しい内容は忘れてしまいましたが…。

もう一つ、大事な点がコストパフォーマンスがいいという点です。
“Tokyo Wonderland”93ページ(¥ 788)、”My Humorous Japan”が186ページ(¥ 979)ということで一般書と比べれば決して安くはありませんが、ペンギンリーダーなどのグレードリーダーと比べると一ページあたりのコストはかなり安いと思います。

さらに日本をテーマにした作品なので、本に対する予備知識が豊富であるという点もお薦めできます。
予備知識があれば、途中英語がわからない部分があっても推論しながら読んでいけるからです。

おそらく、”My Humorous Japan”の方が多少易しいと思います。
片方は数年前に読んだ本で、もう片方は5ページしか読んでいないので、正確に比較できているか相当疑わしいのですが。

おなじみの漫画の英訳本です

Nodame Cantabile

テレビドラマにもなった有名なシリーズで、ご存知の方が多いでしょう。

私は、去年の暮れのドラマ再放送と今年の正月の特番をみてはまりました。
その後、ブラームスを聞きなおしたり、ストラビンスキーのペトルーシュカのCDを借りたりと、にわかブームが。

そこで、英語版の漫画でも見てみようかと思い、立ち読みしたしだいです。
ええ、またしても立ち読みです。

●お薦めのポイント

作品として面白いのは間違いないので、英語さえ読めれば楽しめると思います。
特に、原作本を読んでストーリーを把握している人にはお薦めできます。
また漫画と言う表現方法の特性から、会話文が中心なので、口語表現のお勉強にもなりそうです。

●お薦めしないポイント

残念ながらお薦めできないポイントも多少あります。

一つ目は、値段が高いと言う点。
漫画一冊”¥ 958”はちょっと厳しい値段です。
特に、英語の教材と考えると、文字数の割りに価格が…という感じは否めません。

二つ目に、使われている多少難しいかもしれないと言う点です。
英語のネイティブ向けの本で、対象年齢もそれほど低いわけではないので、それなりに難しい単語も使われています。

昔流行った「チーズはどこへ消えた!」

「チーズはどこへ消えた?」です。
原題: Who Moved My Cheese?

Who Moved My Cheese?

10年近く前に日本でも流行った本ですね。
ジャンルはビジネス書というか自己啓発書というジャンルになるのでしょうか?

そういえば、この本には批判的な人が多く、タイトルを似せた批判本もたくさん出ていましたねぇ。
「バターは…」とかありましたよね。

●お薦めのポイント

一文一文が簡単で、読みやすいです。
使われている単語も簡単で、その点も良いですね。

また、ページ数が少ないのもいいです。
全部で100ページありません。

その上、文字が大きいです。
英語を読みなれていない人でも、最後まで読み通せる可能性大です。

以前から時々紹介している洋版のリストによると、TOIEC600点レベルらしいです。
http://www.yohan.co.jp/toeic/600.html

でも、同じ600点レベルの本と比べると、この本の方が読みやすそうです。
例えば「オリエント急行の殺人」とか「ハリー・ポッターと賢者の石」は明らかに数段難しいですから。

これは本当にTOEIC600点でも読めるかもしれないと思いました。

●お薦めできないポイント

まあ、賛否両論有る本ですから、合わない人には合わないと思います。
個人的には、日本語版を読んだときよりは、抵抗感は無かったかな。

ひらがなタイムズ

ひらがなタイムズ 日本で発行されている雑誌で、英語で書かれています。通常の英語雑誌に比べ語彙は易しいようです。また、日本に関する記述がほとんどなので、背景知識がありよみやすいでしょう。

スポンサードリンク