The Alchemist (邦題:アルケミスト - 夢を旅した少年)│あらすじと感想

もともとはポルトガル語で書かれた作品

もともとは、ブラジル人によりポルトガル語で書かれた作品です。
英語の翻訳を読みました。

The Alchemist
アルケミスト - 夢を旅した少年(邦訳)

近々、映画化される作品のようです。
えっと、どこかにブックマークしておいたような…あ、これですね。
http://www.afpbb.com/article/entertainment/movie/2393753/2948594

スペイン人の少年が、ピラミッドにある宝を求めて旅をするというお話のようです。
「お話のようです」と書いたのは、私が半分くらいで読むのをやめてしまったからなのです。
ずいぶん前評判がよかったので、期待して読んだのですが、物語が淡々と進んでいくのに耐えられなくなり飽きてしまいました。

途中で飽きた理由

子供向けなので易しい語彙のみに制限したせいかもしれません。
あるいは、複雑な文を避けたせいでしょうか。
いずれにしても、読みやすさを重視するあまり、ちょっと単調になっている印象でした。
こういうのは児童文学にはありがちで、読む対象が子供である事を考えれば仕方がないのかも。
名作と呼ばれるその他の作品でも同じような印象を与えるものがすくなくありません。
敢えてどの作品とは言いませんが。

もっとも、子供向けの作品でもThe Alchemist のような印象を与えない作品も存在します。
と言うことは、作家の筆力の問題かもしれませんし、翻訳者の腕のもんだいかもしれません。

読みやすさ

上にも書いたように、読みやすさをかなり意識しているようです。
一つ一つの文も長くなく、単語も簡単なものが多いので読みやすいでしょう。
ですから、英語の小説を読んで見たいけどあまり自身がないと言う方には向いているかもしれません。
と言っても、ネイティブ向けの本なので、そんなに易しくは無いですけどね。

内容は?

最後まで読んでいないので、内容のことを書くのは控えましょう。

ちゃんと読んだ方の感想は、そんなに悪くないようです。
ただ、宗教的な要素があるようなので、そういうのが苦手な人は避けておいた方が良いかもしれません。

また、読んでいて面白いことを重視するなら、Harry Potter とか Darren Shan とかの方が楽しめるかもしれません。
The Alchemist に比べると若干難しいかもしれませんが、大体同じくらいの英語力で読める作品だと思います。

とりあえず、将来できる映画を見てから考えると言うのもアリかも。

The Alchemist の評判を知りたい方はこちらもご覧ください

この作品を読んだ人にはこんな本もおすすめ

レベルが近いと言う意味ではHoles とかいいかもしれませんね。
作品としては、アルケミストよりHoles の方がいいと思います。
少なくとも、個人的には好きですね。

娯楽色がもっと強い作品なら、ダレン・シャンハリー・ポッターの方がいいでしょうね。
アルケミストよりは、ちょっと難しいですけどね。


スポンサードリンク