英語らしい英語を書くには

日本人の英語

日本人が英語で書いたブログ見ていて時々思うのですが、ネイティブだったらきっとこんな風には書かないだろうなという文章を書く人が結構多いです。

例えば「この動詞はこの場面では使わないよね」とか、「ここはこっちを主語にした方がいいよね」とか、「この文章だと能動態の方がいいよね」とか「前置詞をうまく使えばいい表現になるのに」いった具合に気づくのです。

まあ私自身、人の書いた文章を「あーだ、こーだ」いえるほど作文がうまいわけでもなんでもないんですが。

私のレベルですらそのように感じるのですから、ネイティブの目にはどのように映ることやら…といった感じがします。

自分の書いた英語が変かもしれないと気づくには

変な英文を書かなくなるためには、変な英文をみて変だと感じる力が必要だと思います(一つの文章の中に「変」が三つも…駄文です)。

このような判断が出来るようになるには、不自然な英文を不自然だと思えるくらいまで英文を読み込むしかないでしょうね。
だって、自分が書いた英文が英語らしい英語なのか日本語英語なのかを判断するには、予め自分の中に判断するためのデータの蓄積しておかなければならないはずですから。
それも、どこがどんな風におかしいのか分かるぐらいの判断力が必要です。
それが出来ないと、自分の英文を正しい方向に修正することも出来ません。

自分の中に判断できる機能をつくる事を考えると、多読が効果的かと思います。
とにかく、数多くの英文に触れて、自分自身の中に日本語英語を書いたときにそれに気づく機能作り上げるのです。
伊藤サムという英字新聞の元記者の方の本の中に、新人記者のトレーニングとして読んだ本を積み上げたときに身長の2倍になるまで読ませるといった事が書かれていました。
たぶん、英語の感覚をしみこませるには、このくらい読み込む必要があるのでしょう。

あるいは、金銭的に余裕があるなら、英語が出来る誰かに添削してもらうという手もあるかもしれません。
自分で判断できないのだから、判断できる誰かに助けてもらうのは合理的だと思います。
そして、どんな点がおかしいと感じたのか丁寧に説明してもらえば、改善の近道になるのではないかと思います。

その他、英作文に役立ちそうな学習法

最終的な目標は、どこが日本語英語なのか判断する力を身につけることだとして、手っ取り早く力をつける方法はないでしょうか。

まず、例文の暗唱は効果があると思います。
「英作文の極意は英借文」などという言葉もあるようですから、良い英文を自分の頭のなかにストックしておくことは効果があるはずです。

これの他に、英文を書き写すというトレーニングも効果的だと思います。

英文を書き写すと言う行為は丁寧に英文を読まないと出来ませんから、前置詞の使い方とか、主語の選び方とか、動詞の使い方とか大変勉強になりました。
ただ、実際に英作文に活かすということなら、もっと簡単な文章の方が応用が利きやすいでしょうね。
基本的な単語は使い回しがききますから。
ペンギンブックスなどのグレードリーダーはいかがでしょう?

さらに、もう一つ挙げると、基本的な単語を掘り下げて勉強してみるのがいいのではないでしょうか。
特に、多義語の動詞の使いかたは注目に値します。
いわゆるグレードリーダーが制限された語数で書かれた本なのに表現が豊かに感じられるのは、多義語の動詞を上手に使っているからと言う理由もあるのだと思います。
まあこれも、グレードリーダーを書き写すと身に付くかもしれません。

スポンサードリンク