英語の多読に役立つおすすめペン型簡易英和辞書

すごく心引かれるツールです

今、私が欲しいツールの紹介です。
ペン型の辞書ツールで、単語をなぞるだけで意味を調べることができるという優れものです。
友人から紹介されたのですが、かなり心が動いています。
多読をする方には、興味がある話だとおもうので、こちらでおすすめすることにしました。

洋書を読むときに気になるのは…

基本的に多読として英語を読むときは、難しすぎない本を読むのがいいと思います。
とは言え、時には自分にはちょっと難しい単語が多いと思える本を読みたくなることだってあります。
また、基本的にはそんなに難しくは無いのだけれど、一部分だけ専門的な記述がある場合もありますよね。

難しい単語が多いときには、辞書を引きながら読むということになります。
ただ、電子辞書が軽いとは言え、本と一緒に持ち歩くとなるとちょっと邪魔ですよね。
あと、本を読みながら片手で簡単操作と行かないのもちょっと嫌な点です。

電子辞書と言えば単語の意味を調べるのも、多少時間かかりますしね。
大体10秒位かなぁ。
もちろん、紙の辞書を使うのに比べればずっと時間が短縮できるんですけどね。
それでも、読書しているときの中断はこのくらいでもストレスにはなります。
ストーリーの流れが途切れてしまいますからね。

単語の意味をすばやく調べられる便利ツール

そこで、便利そうなのがペンタイプの辞書ツールです。
知りたい単語をなぞるだけで、その単語の訳語と語法を知ることができます。
その上、発音まで聞くことができます。
う~ん、便利そう。

もちろん、使用方法は限定的だと思います。
文章を読んでいるときに、知らない単語があったら調べるという本来の目的以外の使い方はできないツールでしょう。
でも、その本来ツールでかなりの力を発揮してくれそうです。

使い勝手はどうなんでしょう?

いざ使おうと思ったときに、気になるのは読み取り精度だと思います。
実際調べようと思って該当する単語をなぞっても、目的の単語が認識されないのでは困ってしまいますよね。

ただ、これに関しても問題なさそうです。
このツールを紹介してくれた友人の話によると、読み取り精度はかなり高いそうです。
ほとんど問題なく読み取ってくれるとか。
amazon.co.jp にも同様のレビューが載っていましたから、あるていど信頼してよさそうですね。
おすすめの意見も多いみたいです。

ということで、興味がある方はチェックしてみてください。
他の利用者の方の感想を読むこともできるので参考になると思います。



おすすめ教材【一覧】


英語を話せるようになるソフト
イマージョン型の英語教材、ロゼッタストーン

スポンサードリンク