おすすめ英語学習法 実際に試してみました

2010年9月8日

実際に自分自身で試した英語学習法をご紹介しています。

便宜上、「英語を話す書く力」「英会話の力」「英語を聞く力」などと分けています。

でも、実際「読む」「聞く」「書く」「聞く」それぞれの能力は独立したものではありません。

聞く力をつけるトレーニングの多くは、読む力にも、話す力にもつながります。

この投稿の続きを読む »

英文を書き写す「補足」

2010年9月8日

さて、ここまで英文を書き写しの手順や考え方について見てきました。

具体的に言うと、次のようなことです。

書き写しを行う目的
どんな英文を書き写すか
どうやって書き写すか

最後に、これらについて少し補足しておきましょう。

この投稿の続きを読む »

どのように英文を書き写すの?

2010年9月8日

前のページでどうして英文を書き写すかというポイントと、何を書き写すかについて説明しました。

このページでは、選んだ素材を使ってどのように書き写すかについて書いてみたいと思います。

英文を書き写すと言うと、ただ漫然と書き写す事を考えてしまいがちだと思います。

でも、それでは十分な効果が得られない可能性が高いでしょう。

この投稿の続きを読む »

英文を書き写す目的は?素材は?

2010年9月8日

さて、英文を書き写すと言う学習は、どんな目的意識で行うのでしょうか?

また、具体的にどのような英文を使って、どのような手順ですすめれば良いのでしょうか?

闇雲に書き写しても、それほど効果は期待できません。

それなりに効果がある方法があるはずです。

この投稿の続きを読む »

非効率なんて言わないで、英文を書き写そう!

2010年9月8日

英文を書き写す事は、英語力のアップに効果があります。

小学生時にやった漢字書き取りと同じような感じで、ひたすら書き移しましょう。

正直に言って地味で大変な作業ですが、それなりに得られるものがあります。

仏教の修行で写経というのがありますが、気分としてはそんな感じです。

この投稿の続きを読む »

英語なんて中学からで十分だと思うけどなあ

2010年8月2日

そういえば、来年から英語は必修化でしたね。

これから、英語の早期学習に関する次のような記事が増えてきそうです。

■親は「片言」、でも子には「日常会話」期待 小学生の英語教育

小学5、6年生の授業で「外国語活動」(英語)が必修になる来春を前に、小学生を対象とした「児童英検」が注目を集めている。受験した児童と保護者を調査した結果、保護者の半数以上が自身の英語レベルを「片言(かたこと)」以下と回答したにもかかわらず、9割以上が子供には「日常会話以上」の英語力を要求していることが判明した。英語教育に対する期待は高まるばかり。専門家からは「英語教育も重要だが、保護者には、小学生段階ではきちんとした国語を学ぶことが大事だということに注意してほしい」という声があがっている。
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/natnews/education/423011/

個人的には、小学校から英語を勉強するくらいなら、読書でもさせろと言いたいです。

こういう事を書くと、反発を覚える人もいると思うんですけどね。

この投稿の続きを読む »

金賢姫の高待遇、欧米の反応を調べてみた

2010年7月22日

国賓並みの高待遇と一部で非難されている金賢姫ですが、欧米のメディアではどのように報じられているのでしょうか?

ちょっと調べてみました。

意外なことに、このニュースを伝える記事自体がそれほど多くありませんでした。

そして、金賢姫が現在のような状況に至るまでの経緯や拉致問題の解説にスペースを割いているという感じでした。

欧米の人たちは、拉致問題も金賢姫もよく知らないというのが実情みたいですね。

まあ、欧米人の拉致問題に関する関心なんてこんなものなのでしょう。

この投稿の続きを読む »

TOEICも漢検と同じ様な体質なのか?

2010年7月20日

国際コミュニケーションズ・スクール(ICS)という会社が、1億円の所得隠しを指摘されたそうです。

TOEICの業務委託会社1億円余の所得隠し 東京国税局指摘
http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/100720/crm1007200142003-n1.htm

この会社は、TOEICを実施・運営する財団法人国際ビジネスコミュニケーション協会(IIBC)から一部業務の委託を受けているのだそうです。

IIBC とICS は資本上の関係はないとしていますが、産経新聞の記事は両社に何らかの繋がりがある可能性を示唆する書き方をしています。

IIBCとICSは資本関係はないとされるが、ビルの同じフロアにオフィスが入っていた。

「両社が無関係だとは素直に信じられないよ」というのが産経のニュアンスなのでしょうね。

この推測が正しければ、TOEIC の運営会社が意図的に税金をごまかしたという話になり、問題が大きくなるかもしれません。

展開によっては、漢検のときのような大騒ぎになる可能性もありそうです。

この投稿の続きを読む »

2年後に英語が社内公用語に!どう学ぶ?

2010年7月17日

どうしよう、社内公用語が英語になったら
http://bizex.goo.ne.jp/column/ip_15/82/250/index.html

楽天は英語を社内公用語にするようです。

実施までに2年あるということで、それまでにどうやって勉強したら良いか考えてみました。

一応条件としては、楽天と同じ2年という年限で考えることにします

そして紹介した記事にもあるように、お金を掛けないという条件も入れてみます。

実際にはお金を全くかけないわけにも行かないので、総額で1万円までは掛けても良いことにしましょう。

スタートするレベルは、高校英語は一応できる程度として考えてみましょう。

目指すレベルは、TOEIC600点から700点くらいで。

この投稿の続きを読む »

日産を甦らせた英語

2010年7月5日

日産を甦らせた英語 (ペーパーバックス)

日産の語学講習を単とした筆者が、企業研修としての英語研修を成功させる方法を書いています。

コミュニケーション・ツールとして英語を使うためにはどのように学んでいくのが最短距離かという点に重きを置いているようです。

ビジネスツールとして英語を使いたい人には、役に立つ一冊と言えるのではないでしょうか。

この投稿の続きを読む »

プロソディーが崩れるってこんな感じ

2010年6月13日

前回の記事で、プロソディーの崩れで日本語が伝わりにくいケースがある事を書きました。

プロソディーというのは、音の上げ下げとか、読むときに区切る位置とか、音の長さや強弱などの言語の特徴を総称する単語です。

各言語にはそれぞれのプロソディーが存在します。

そしてそれが崩れていると、正確な発音をしても伝わりにくい事があるのです。

プロソディーが崩れているというのは、外国語訛りがあるという意味で取っていただいても良いと思います。

外国語訛りがある日本語だと、読むときの区切り位置が変だったり、変な音の高低や強弱があったりしますよね。

あんな状態です。

前回の例は日本語を例にとった解説でしたが、もちろん英語でも当然同じ事が予想されます。

つまり発音が正しくても、プロソディーに問題があれば英語が通じないケースが存在すると言うことです。

ただ、前回の説明は今ひとつ説得力を欠いたものだったようです。

この投稿の続きを読む »

日本人は発音が下手だから英語が伝わらないというのは本当か?

2010年6月12日

日本人は発音が下手だから、ネイティブには伝わらないと言うような事を言う人がいます。

カタカナ読みのように発音するので、ネイティブには何を話しているかわからないというのです。

一見もっともらしく聞こえるのですが、個人的にはちょっと疑わしいと思う節もあります。

正直、ちょっとぐらい発音を間違えても、文脈などで伝わると思うんですよね。

そこで、実験をしてみることにしました。

この投稿の続きを読む »

危うし!小学校英語

2010年4月29日

危うし!小学校英語 (文春新書)

小学校から英語を教える問題点と、著者の考える英語の公教育のありかたを記した一冊。

ちなみに、著者は著名な通訳者である。

個人的には語学の早期教育は否定的なので、共感できる部分も多かった。

amazon.co.jp での評価も高いようだ。

この投稿の続きを読む »

アリス・イン・ワンダーランド/Alice in wonderland

2010年4月19日

ティム・バートンの新作である「アリス・イン・ワンダーランド」が今月の17日に公開されました。

この映画、英語版の予告編が大変よく出来ています。
ティム・バートン監督で、ジョニー・デップが出演だから面白い映画になるのでしょうね。

この投稿の続きを読む »

スポンサードリンク