続・英語リスニングに関する考察

続きです

上のページの続きです。
興味がある方はぜひ。

(■-■;) タモリってすごい?

すごいっす。
森田さん。

よく、テレビなんかで、外国語のまねをする芸人さんを見かけますが、ほとんどが何語をまねているかすら不明です。

しかし、すごいです、森田さん。
言っていることは、完全にめちゃくちゃなのに、各言語の発音やイントネーションの特徴を捉えいます。
黒柳徹子も気づいたけど、フランス語で H を発音していない所とか、さすがですね。

例えば、中国語のまねで、南部に住む人と北部に住む人の発音の違いを演じ分けます。
これが見事に特徴を捕らえているんですね。
sh の音とか e の音とか南と北で発音がちょっと違うのですが、それを正しく発音しています。

朝鮮語は習ったことがありませんが、韓国人と北朝鮮人の違いを見事に表現しているように聞こえます。
ドイツ語も似ているし。

耳がすごいのかしら?
特徴を捉えるのが得意なのかな?

お、YouTube に動画ありますね。
掲載しておきます。

あれ、うまくいかないや、URL載せておきます。

http://jp.youtube.com/watch?v=AIKacUnhq7c&feature=related
video. http://www.youtube.com/watch?v=5G9TNRZD?U

日本人は耳が悪い?

北京オリンピックをテレビで見ていて感じたことです。

中継を担当しているアナウンサーが中国語の単語を使っている所を何度か見ました。
おそらく、現地で聞いてまねしているのでしょうが、明らかに音が違っています。

まずは、頑張れという意味の「加油」という単語。
アルファベットを使って標記をすると、jia you なのですが、アナウンサーは「チャーヨウ」といっていました。
ji の音を聞いてチャという音だと感じたんですね。
どこをどう聞くとそんな音に聞こえるのかわかりませんが、聞こえたんだから仕方ないですね。

次に、さようならという意味の「再見」という単語。
アルファベットを使って標記すると、zai jian ですが、「ツァイチェン」といっていました。
これもやっぱりji の音がチャという音に聞こえるんですね。
もう一つza の音がツァに聞こえるみたいです。

アナウンサーって耳がいいのではないかと思いましたが、そんなことないみたいですね。
それとも、日本人には聞き取りにくい音があるということなのかしら?

英語が聞き取れないのも当然かもしれません。

スポンサードリンク