iKnow!で単語を覚えるコツ

学習サイトiKnow! で「もっと効率的」に単語を覚えるコツ

正直に言いますが、私、普通にiKnow! やっても英単語覚えられません。

ちなみに、iKnow! というのは、無料の英語学習サイトです。
現在はsmart.fm という名前に変わっています。
http://smart.fm/

例えば、普通にiKnow! を始めたとします。
知っている単語が多いときには良いんです。
5問中1つか2つ分からなくても、そのつど覚えていけば良いわけです。

問題なのは、分からない単語が多いとき。
5個すべて知らない単語の時には、絶望的な気分にすらなります。

間違って10個モードでやってしまい、6個以上知らないときには、だまって右上の「×」をクリックします。
そのくらい、新しい単語を覚えるのは苦手です。

さらに悪いことに、頑張って覚えたはずの単語はすごい速さで忘れます。

新規の単語としてある単語を一回学習します。
でも、次に出てきたときには、一度学習していることすら覚えていないこともしばしば。
こっちは「はじめまして」の気分なのですが、向こうに「ひさしぶり」と挨拶された感じです。

まあ、そんな状態ですから、iKnow! で単語を覚えるの嫌いでした。
iKnow! に限らず単語覚えるの嫌いですが。

しかし、ある方法を試したおかげで、単語を覚える時の効率を大幅にアップすることに成功したのです。
その方法とは、…

なんだか、雑誌に載っているインチキ・グッズの広告ページのような文章になってきました。
…まあ、気にせずに、続けます。

その方法とは「新しい単語を覚えるときに、声に出して単語を発音しながら紙に書く」。
これだけです。

紙に書く回数は3回から5回程度。
あとは、問題を間違えたときに、2回くらいずつ書きます。

本当に、これだけのことで単語の覚えやすさが全然違います。

うまくいかなくても損は無いので、一度お試しください。
面倒だという人は、覚えにくい単語だけでもいいと思います。

────────────────────────────
ここからは、実際に紙に書く作業などについての補足です。


既に書いたとおり、声に出して発音しましょう。
このとき、日本語の意味も声に出していってみましょう。
日本語も声に出した方が覚えやすいようです。


英単語を紙に書くときには、パソコンの画面を見ないで書きましょう。
パソコン画面から目を離し、思い出しながら書きます。


この方法は、私のオリジナルでもなんでもありません。
例えば、脳化学者の茂木健一郎という人もテレビ番組のなかで紹介しています。
http://www.nhk.or.jp/professional/backnumber/080429/index.html
この方以外にも、声に出しながら書きながら覚えるという事を推奨されている方はたくさんいるようです。

スポンサードリンク