洋書の多読:Darren shan -Vampire Mountain (邦題:ダレン・シャンIV -バンパイア・マウンテン)│あらすじと感想

最初に

このシリーズの邦題は、原題から大きく変えることがあるのですが、この巻に関してはそのままでしたね。
他のタイトルを付けにくかったのかな?

めずらしいです。

邦題が洋書のタイトルから大きく変わっていると違和感を感じるので、個人的には変更が無い方が好きです。

あらすじ

ダレンはクレプスリーと共にバンパイ・アマウンテンに向かうことになる。
さまざまな、困難を乗り越えバンパイア・マウンテンにたどり着くダレン。

途中、バンパニーズの気配を感じたりバンパニーズの血を飲んだと思われる凶暴化した熊と遭遇したりする。
このことが意味することとは。

旅の途中で、突然しゃべり始めるリトル・ピープル。
彼が話し始めた理由とは。

そして、バンパイアマウンテンでプリンス達がダレンに下した決断とは。

個人的な感想

この後の展開のための橋渡し的な巻だと思うので、すごく面白いという感じはありません。
一応、熊と戦ったりしますが、そんなにハラハラドキドキという感じでもないですし。

この巻を読むと、今後のストーリーを読むための前提知識が理解できるようになっています。
例えば、次のような事柄です。

  • バンパイアの世界のルールがどうなっているか
  • バンパイアがジェネラルやプリンスになるにはどうしたらいいか
  • バンパイアとバンパニーズの現在の関係
  • バンパイアとバンパニーズの未来に関する予言
  • リトル・ピープルがどのように生まれてたか
  • バンパイアに子供がいない理由と女性のバンパイアが少ない理由

ちょっと退屈に感じるかもしれませんが、今度の展開を理解するために、頑張って読みましょう。

さて、この巻の最後で試練を受けるとが決まるのですが、そのこじ付けが強引です。
このシリーズを通して、時々こういった強引さを感じるシーンがあるんですけどね。

何かもう少しやり方が無かったのかと思ってしまいます。
はっきり言って、ストーリーの運び方がちょっと雑なんですよね。

あ、そうそう。
ここで、一気に登場人物が増えるので、今後の展開を追うためにも、登場人物はちゃんと理解しておいた方が良いかもしれませんね。

英文の読みやすさ

これも、全巻までとだいたい同じくらいかなぁ。
ちょっと難しい単語が増えた印象もありますが、ここまで読んだ人なら問題ないでしょう。


amazon.co.jp でVampire Mountain (The Saga of Darren Shan) の他の人のレビューをチェック。

【ダレン・シャン シリーズ】


読みやすい洋書・ペーパーバック│おすすめの児童書
読みやすい洋書・ペーパーバック│おすすめのホラー

スポンサードリンク