2018年7月 のアーカイブ

カナダの旅行ガイドや、旅行代理店のツアーパンフレットでよく見かける名前が「バンフ(Banff)」です。とは言え、バンフと言うのは、一般的にはあまり知名度が高い地ではありません。

一体どんなところなのでしょうか。調べてみました。写真や動画とともにご紹介します。

バンフ

(さらに…)

多くのガイド本や旅行パンフレットに、ロレンシャンという名前が出てきます。ツアーのコースに、比較的高い確率で含まれているのです。

でも、ロレンシャンで調べても、あまり情報が出てきません。一体どんなところなのでしょうか。

色々調べてみた結果、モン・トランブランで探すと情報が出てくることが分かりました。

Mont Tremblant

(さらに…)

良く知られているように、カナダは広い国です。面積はロシアに次いで、世界で2番目の広さです。

そんな国土が広いカナダですが、ある程度まとまった数の人が住んでいる地域はかなり偏っているようです。基本的に寒い国ですから、北の方には住めませんよね。

モントリオールの夜景

(さらに…)

移民の国でもあるカナダでは、宗教はどうなっているのでしょうか。隣国のアメリカと比較する形で調べてみました。

モントリオール・ノートルダム聖堂

モントリオール・ノートルダム聖堂(モントリオール・ノートルダムせいどう、英語表記Notre-Dame Basilica、フランス語表記Basilique Notre-Dame de Montréal)
観光スポットとしても人気で、日本語パンフレットもあるようです。

(さらに…)

モントリオールでは年に1回、モントリオール世界映画祭という世界的に見ても大きな映画祭が開かれます。8月下旬の観光しやすい時期に行われるので、興味がある人はこの時期を狙っていくのも良いかもしれません。

フランス語圏の映画祭にいって、日本人が分かるのかという問題はありますけど。

(さらに…)

カナダ旅行のガイドブックやツアーのパンフレットを読んでいると、時々「メープル街道」という名前が出てきます。

この街道は、有名な観光ルートなのでしょうか。どんな経緯で名前が付いたのでしょうか。

カナダ オンタリオ州のカエデ

(さらに…)

カナダは寒い国だという印象があります。確かに、冬場はとても寒いようです。

それでは、日本の都市と比べて、どの程度の寒さなのでしょうか。ちょっと比較してみましょう。

カナダの冬のイメージ

(さらに…)

ケベック州の都市と言うと、何と言っても有名なのがモントリオールです。でも、州都はモントリオールではありません。ケベック・シティという都市があります。

ケベックシティは人口が50万人近くあり、カナダの中では比較的大きな都市です。このページで説明していきますが、歴史的にも古い街です。世界遺産の地区もあり、観光するには良いところだと思いますよ。

シャトー・フロンテナック

(さらに…)

ケベック州はフランス語を話す住民が多いことで知られています。フランス語を母語とする人の方が、英語を母語とする人よりも圧倒的に多いのです。

また、州の公用語がフランス語です。これは、単にお役所の仕事がフランス語で行われているだけではありません。焦点の看板などの、商業活動などで強制される部分もあるようです。

この政策は、率直に言って、ちょっと極端な気がします。実際、これに嫌気がさして逃げ出した人もいたようですね。

ケンタッキー・フライドチキンはフランス語ではPKF

ケベック州ラヴァルのケンタッキー・フライドチキン。フランス語ではPoulet Frit à la Kentucky、略してPFK。(ウィキペディアより)

(さらに…)

海外の都市に行くのなら、できれば直行便を使いたいと考える人が多いでしょう。率直に言って、目的地以外の空港で乗り換えるのなんて面倒ですし、長時間の待ちも発生します。

電車移動ですら乗り換えは煩わしいものですからね。飛行機ともなれば、避けられるのなら避けたいと考えるのが自然な感想でしょう。

それではカナダの場合は、日本から直接いけるのはどの都市なのでしょうか。

(さらに…)

昔から言われている事ですが、海外旅行のツアーは移動が多すぎます。のんびりするつもりで旅行に行って、疲れ切って帰ってくるパターンが多いのです。

実際のあるカナダ旅行のツアーを移動距離を頼りに国内旅行に置き換えてみたところ、とんでもない事が分かりました。これを企画した旅行代理店は、何を考えているのかと思ってしまうレベルです。

率直に言って、調査結果に呆れています。旅行代理店のツアーは、ちょっとした修行のようなものだと分かりました。

大手旅行代理店のカナダツアー、移動距離長すぎじゃね?

(さらに…)

カナダへのツアーって、いくらくらいだと思います。興味があったので調べてみました。

そして、金額を見てかなりの衝撃を受けました。1週間の旅行に、1か月滞在できそうな金額が設定されているのです。

大手旅行代理店のツアー、カナダ7日間で50万円って本気か!

(さらに…)

カナダ旅行と言うと、やっぱりナイアガラの滝を思い浮かべる人が多いでしょう。しかも、トロントから車や電車で3時間程度で行けてしまいます。カナダの人にとっては、お手軽な観光地の一つみたいですね。

(さらに…)

アメリカ独立戦争後に、王党派と呼ばれる人たちが独立した13州から現在のカナダに移ってきたそうです。そしてこの人たちの存在が、現在のカナダにも大きな影響があるようです。

この人たちは、一体どんな人なのでしょうか。

アメリカの独立が嫌だった王党派の人たち

(さらに…)

ケベック法って何だ?

ケベック法という法律をご存知でしょうか。この法律は現在のカナダを理解するためには、非常に重要な法律です。ちょっとチェックしてみましょう。

(さらに…)

モントリオールにも中華街があるようです。さて、いったい、どんなところでしょうか。

(さらに…)

あなたはカナダ人作家を何人知っていますか。恥ずかしながら、私は、「赤毛のアン」のモンゴメリしか知りません。

でも、世間もカナダ人作家って、あまり知らないような気がするのです。実際、どうなのでしょうか。

赤毛のアンのモデルになった家

アンの家のモデルになったモンゴメリーのいとこの家の中(プリンスエドワード島)

(さらに…)

一般的な日本人がカナダ国歌を聞くとなると、冬のオリンピックくらいでしょうか。カナダ国歌には、どんな印象を持っていますか。

実は、カナダ国歌には、大きな特徴があります。そのあたりを調べてみました。

(さらに…)

カナダで娯楽目的の大麻が合法化されたようです。ところで、大麻って、どんなドラッグなのでしょうか。また、合法化されたとはいえ、どの程度自由に使えるのでしょうか。

アサ(ノーザンライト種)の花冠

アサ(ノーザンライト種)の花冠

(さらに…)

カナダで買い物をするとき、どういう手段をとるのが便利なのでしょうか。カナダドルを用意して現金で買うのが良いのでしょうか。あるいは、クレジットカードを使うのが賢いのでしょうか。

(さらに…)

ケベコワって何?調べてみました。基本的には、ウィキペディア(英語版を含む)を読んだだけですけど。

(さらに…)

カナダではどんな言語が使われているのでしょうか。

カナダと言えばアメリカの隣国で、英語の国という印象を持つ人もいるでしょう。しかし、それほど単純では無さそうです。

(さらに…)

シェルブルック通り(rue Sherbrooke)という通りには、高級ホテルや高級ブティック、美術館などが並んでいるそうです。

(さらに…)

カナダ(特に東部)の観光ガイド本には、マッコード博物館という博物館が載っています。でも、この博物館、日本語のウィキペディアのページが無いんですよね。それ以外のサイトでも、それほど熱心に紹介されているわけではありません。

そこで、ちょっと調べてみました。モントリオールを旅行した際には、訪れる価値があるのでしょうか。

(さらに…)

「北米のパリ」と呼ばれるモントリオールですが、個人的にちょっと疑念を持っています。「北米のパリ」という言い方は、誰が言い出したのでしょうか。

なんだか、いかにも日本人的な表現何ですよね。ちょっと調べてみました。

モントリオールの街並み

(さらに…)

モントリオール現代美術館について、調べてみました。観光の参考に。

モントリオール現代美術館

(さらに…)

カナダを漢字1文字で書くと「加」です。しかし、この略称だけでなく、漢字だけでカナダと書けるのです。

カナダの漢字表記

(さらに…)

カナダで一番有名な都市って、いったいどこでしょうか。ここが一番という都市が、なかなか思い浮かばないと思いませんか。

ちょっと考えてみましょう。

バンクーバー

日本での検索数トップは、バンクーバーでした。

(さらに…)

カナダの通貨と言えば、カナダドルです。でも、カナダドルって、率直に言って、あまり馴染みがある通貨ではありません。

そこで、ちょっと調べてみました。

(さらに…)