カナダと英語・フランス語

4

カテゴリーの記事一覧

ケベック州はフランス語を話す住民が多いことで知られています。フランス語を母語とする人の方が、英語を母語とする人よりも圧倒的に多いのです。

また、州の公用語がフランス語です。これは、単にお役所の仕事がフランス語で行われているだけではありません。焦点の看板などの、商業活動などで強制される部分もあるようです。

この政策は、率直に言って、ちょっと極端な気がします。実際、これに嫌気がさして逃げ出した人もいたようですね。

ケンタッキー・フライドチキンはフランス語ではPKF

ケベック州ラヴァルのケンタッキー・フライドチキン。フランス語ではPoulet Frit à la Kentucky、略してPFK。(ウィキペディアより)

(さらに…)

カナダではどんな言語が使われているのでしょうか。

カナダと言えばアメリカの隣国で、英語の国という印象を持つ人もいるでしょう。しかし、それほど単純では無さそうです。

(さらに…)

カナダでフランス語話者が多いのはケベック州だと知っている人も多いでしょう。一つの州にフランス語話者がイメージから、ケベック州という都道府県くらいの地域に、フランス語話者が集まっていると思っている人もいるかもしれません。

しかし実態は、全く異なります。実は、ケベック州と言うのは、かなり広いのです。カナダの中に、フランス語を話す人達の国があるというようなイメージの方が、近いのかもしれません。

ケベックの古い町

(さらに…)

カナダの中で話者数が最も多い言語は英語です。

ところで、カナダの英語にはどんな特徴があるのでしょうか。地域的に近い米語の影響が強いのでしょうか。あるいは、英連邦に属しているので、イギリス英語の影響が強いのでしょうか。

(さらに…)

カナダには、英語を母語とする人、フランス語を母語とする人、その他の言語を母語とする人がいます。このあたりの事情を簡単に見てみましょう。

(さらに…)