カナダドルって、どんな通貨?

カナダの通貨と言えば、カナダドルです。でも、カナダドルって、率直に言って、あまり馴染みがある通貨ではありません。

そこで、ちょっと調べてみました。

最新の為替レートは?

カナダの通貨は、カナダドルです。2018年6月27日のレートだと、82円台です。また、米ドルとのレートは、1カナダドルが0.75米ドル台です。

この時点のレートだと、カナダドルは米ドルの4分の3くらいの価値だと考えれば良いわけですね。もっとも、カナダドルは米ドルに対しても変動が大きいので、あくまでこの時点ではとう話ですけど。

ちなみに、最新のレートはこちら。

提供: ja.exchange-rates.org

比較的取引量が多い通貨ではあります。

ちなみにカナダドルは、取引量が世界で7番目にある通貨です。とは言っても、米ドルやユーロなどと比べると、かなり小さいです。

まあ、そこそこの取引量という程度でしょうか。

日本ではあまりなじみがないカナダドル

カナダドルは、日本では馴染みがないという人が多い通貨でしょう。FXでもやる人なら、時々目にすることはあるでしょうけどね。

もっとも、FXも、米ドル/円の通貨ペアで取引をする人が多いでしょう。ですから、FXをやっている人でも、名前ぐらいは知っているというレベルの人が多い気はします。

実際のカナダドルと言う通貨の認知度や重要度は、検索エンジンの検索ボリュームで比較してみると分かりやすいでしょう。認知度が高くて重要な通貨なら、検索する人も多いはずですよね。

というわけで、まず、ユーロとカナダドルの比較から。

圧倒的に、ユーロの方が検索数が多いようですね。

まあ、これは予想通りです。では、ポンドとカナダドルではどうでしょうか。

これも、ポンドの方が検索されているのが分かります。

それでは、豪ドルやNZドルとの比較だとどうでしょうか。

豪ドルは、カナダドルに比べると、かなり検索されているようですね。資産運用で注目している人も多いという事でしょうか。NZドルは、カナダドルと大差がない水準なようです。

最後に、通貨としては全然重要ではないトルコリラや南アフリカランドと比較してみましょう。ただ、これらの通貨は、資産運用では注目されています。

どうやら、トルコリラには知名度や関心度で完全に負けているようです。南アフリカランドと同程度なんですね。

ということで、日本人の意識の中では、カナダドルはかなりのマイナー通貨だという事が分かりました。



関連した記事を読む

コメントは受け付けていません。