カナダの英語は米語なのイギリス英語なの?

カナダの中で話者数が最も多い言語は英語です。

ところで、カナダの英語にはどんな特徴があるのでしょうか。地域的に近い米語の影響が強いのでしょうか。あるいは、英連邦に属しているので、イギリス英語の影響が強いのでしょうか。

カナダの英語ってどんなだ?

カナダは多民族国家で、様々な言語が使われています。連邦の公用語に定められているだけでも、英語とフランス語の2つの言語があります。

ただ、もっとも話者が多いのは、英語です。半分以上の人が、英語を母国語として話しています。

さて、このカナダで話されている英語は、米語に近いのでしょうか。それとも、イギリスの英語に近いのでしょうか。米語とイギリス英語は、同じ英語でもかなり違う部分もありますよね。1

ちょっと調べてみました。

アメリカともイギリスとも深い関係があるカナダの英語は?

カナダの英語の特徴を調べる前に、歴史的・地理的な経緯から、カナダの英語の特徴を想像してみました。

アメリカの隣国としてのカナダ

そもそもカナダと言えば、アメリカと陸続きの国ですよね。両国の関係も良いことで知られています。

例えば、カナダにメジャーリーグのチームがあったりするくらいですからね。この両国は、密な関係にあると言って良いでしょう。

文化や経済で強いつながりがありますから、カナダの英語が米語に近いものでも不思議ではありません。十分あり得そうな話です。

イギリスから円満に独立したカナダ

その一方でカナダは、イギリスとの関係もあります。

そもそもカナダというのは、イギリスの植民地の一部でした。それが自治領になり、最終的には独立国になっています。

独立国になる経緯も、アメリカのように戦争までして独立をしたわけではありません。徐々に権利を得て、独立していったという表現がふさわしいでしょう。円満に独立したのです。

また、カナダは現在でも英連邦の国です。その意味でも、イギリスとのつながりも強いです。何せカナダの元首は、イギリスと同じく、エリザベス女王ですから。

比較的最近になってイギリスから独立したという歴史的な経緯を考えると、カナダの英語がイギリス英語に近い可能性も十分に考えられるのです。

米語にかなり近いらしい

このように、カナダの英語は、米語に近くてもイギリス英語に近くても不思議ではないわけです。それでは、実際には、カナダの英語はどちらに近いのでしょうか。

実は、基本的には米語にかなり近いという理解で問題無いようです。イギリス英語の影響があったり、カナダ独自の部分もあるようですけどね。

カナダの英語が米語に近い理由

カナダの英語が米語に近い理由ですが、まず発音が近い理由は、東京外大のサイトでは次のように説明されています。

カナダ英語とアメリカ英語の発音がほぼ同じであるのは、1776-1793年の間、アメリカ独立革命を逃れてカナダ(当時は英領北アメリカ植民地)に大量流入した政治亡命集団、いわゆる王党派の英語がカナダ英語の基盤になっているからである。このとき、新しく誕生したアメリカ合衆国の中北部から北上した王党派の数は約5万人ともいわれ、英領北アメリカ植民地の多数派を形成し、英語系カナダの基盤を作った。アメリカ合衆国では、同じ中北部から西部開拓がはじまり、現在のアメリカ英語の標準発音とされる一般米語の原型が広範囲に広まっていった。つまり、カナダ英語とアメリカ英語は同じ起源をもつのである。その後、英領北アメリカ植民地では、1816-1857年をピークに植民地政府の斡旋によりイギリス本国から大量の移民が到来し、その数は最終的に先住者である王党派とその子孫の数を上回ったが、イギリス移民の多くが話していたと思われる非R音性的な英語が、先住者たちのR音性的な英語よりも優勢になることはなかった。

http://www.coelang.tufs.ac.jp/mt/en/comparison/ca_p/

この説明の中で、政治亡命者として説明されている王党派というのは、一体どんな人たちなのでしょうか。

王党派はロイヤリストとも言われます。非常に簡単に言うと、イギリスにシンパシーを感じ、独立したくないと考える人たちの事です。独立戦争を戦った13州の人たち全員が、イギリスに反発をしていたわけでは無いという事ですね。

現在のカナダにあたる地域は、イギリス側に付いていました。ですから、王党派と呼ばれる人たちが、独立戦争後に移ってきたというわけです。

ちなみに、現在のカナダの地域にもともといた人たちは、フランス系が中心です。つまり、フランス語話者です。ですから、王党派の英語が、カナダの英語になるのは自然だったと言う事でしょう。

この説明にあるように、当時のカナダの人口はそれ程多くはありませんでした。その後も積極的に移民を受け入れています。その中には、イギリスからの移民も多かったのですが、一旦定着したアメリカ英語が取って代われれることは無かったという事ですね。

語彙も米語中心だが

語彙に関しても、米語が中心になっているようです。しかし、一部の語彙では、イギリス英語が使われていることもあるようです。また、カナダ独自の語もあるようですね。

さらに、綴りに関しては、イギリス英語の綴りが用いられることも多いのだとか。どうやら、語彙に関しては、単純にはいかない部分もありそうです。

生活用語でイギリス英語が使われる例

東京外大のサイトによると、生活用語に関して、例えば次のような語ではイギリス英語が使われるようです。2

  • ゴミ:rubbish(米語ではgarbage)
  • ガソリン:petrol(米語ではgas またはgasoline)
  • カナダに行って、ゴミの事をgarbage といったところで、通じないという事は無いでしょう。ただ、rubbish という語を知らないと、相手が言っていることが理解できない可能性はありそうですね。

    イギリス英語の綴りが使われる例

    綴りに関しては、次のような例があるようです。3

    • 米語ではfavor、カナダではfavour
    • 米語ではcenter、カナダではcentre
    • 米語ではlicense、カナダではlicence

    まあ、普通の人は、カナダに行ってこれらの単語を書く機会は無いでしょうけどね。留学やら仕事やらでカナダに行く人だと、必要になるかもしれません。


    1. まあ、もっと言ってしまうと、米語の中、イギリス英語の中でも様々な違いがあるのですけど。 []
    2. 1.ほとんどがアメリカと同じ生活用語| カナダ英語の語彙の特徴 []
    3. 4.イギリス的要素が残る綴り字| カナダ英語の語彙の特徴 []


    関連した記事を読む

    コメントは受け付けていません。