カナダで嗜好用の大麻が合法化

カナダで娯楽目的の大麻が合法化されたようです。ところで、大麻って、どんなドラッグなのでしょうか。また、合法化されたとはいえ、どの程度自由に使えるのでしょうか。

アサ(ノーザンライト種)の花冠

アサ(ノーザンライト種)の花冠

嗜好用の大麻が合法化

2018年10月20日からカナダで嗜好用の大麻が合法化されます。6月19日に法案成立で20日に首相が発表していますから、半年くらいは周知期間を置くようですね。

さて、大麻を合法化する理由ですが、次のようなメリットがあるとしています。

2015年の総選挙の際、大麻解禁を公約に掲げていた同首相は「合法化は子どもたちを大麻から守り、違法な販売で利益を得るのを防ぐことになる」と説明した。1

合法化することで管理しやすくなる。違法な販売を防げるといのが、主張のようです。

実際、アメリカで禁酒法が施行されていた時期は、マフィアの資金源になっていました。禁酒法が廃止されてからは、マフィアは資金源に困ったという話もあるようです。

どうせ大麻を使う人がいるのなら、管理した方がマシという事なのかもしれません。闇で流通するよりは良いという話でしょう。

大麻って何

ところで、大麻って、いったいどのようなものでしょうか。ウィキペディアから引用してみましょう。

大麻は、アサの花冠、葉を乾燥または樹脂化、液体化させたもの。マリファナとも。花から製造されたものをガンジャ、樹脂をハシシ, チャラスと呼ぶ。

「アサ」というのは、麻布の麻ですね。大麻草とも呼ばれるそうです。つまり、元々は、わりと一般的な植物から、大麻というドラッグは作られているわけです。

また、別名がマリファナで、ガンジャやハシシなどといったドラッグも、大麻の一種という事ですね。

大麻=マリファナ(ガンジャ、ハシシ)

合法化されたカナダでの法規制

カナダで合法化されたからと言って、全く規制が無いわけではありません。

合法化後、各州が定めた年齢に達した者は(ブリティッシュコロンビア州では19歳)娯楽目的の使用のために、政府の認可を受けた販売店で乾燥大麻、大麻オイル、自家栽培用の苗や種が購入可能となる。また乾燥大麻なら30グラムまでは公共の場で所持すること、4株までなら自宅での栽培も合法となる。

とりあえず、州によってルールが違うようですね。これは、連邦制をとっているカナダならではと言えるでしょう。

あと、当然ですが、年齢制限はあるようですね。まあ、酒やたばこと同じような位置づけなのでしょうね。

個人的に一番気になったのが、「4株までなら自宅での栽培も合法」という部分です。これって、取り締まるのはかなり難しいですよね。

自宅での栽培が許されているなら、勝手に自宅で栽培する人が出てきても不思議ではありません。管理しやすくなるから合法化されたのに、逆に管理し辛くなるのではないかと思ってしまいます。

まあ、色々と考えがあって、こういう結論が出たのでしょうけどね。とりあえず、驚きました。

健康被害は大丈夫なの?

さて、嗜好用の大麻が合法化されるとなると、もう一つ気になるのが健康被害の問題です。大麻を吸っても、健康上問題が無いのでしょうか。

これに関しては、様々な意見があって、率直に言ってよく分かりませんでした。酒やタバコより問題は小さいとする意見もあれば、一定の健康被害があるという意見もあるようです。

ウィキペディアなどだと、ある種の意図を持った人たちが、自分たちの主張に都合が良いように編集しているようにも読めます。ある程度自由に編集できるだけに、こういうケースではあまり信頼してはいけないでしょう。

とりあえず言えるのは、カナダでは合法化される程度には安全という事でしょうか。少なくとも、現段階では、驚くような健康被害は見つかっていないという理解で良いのでしょう。

まあ、将来は分かりませんけどね。よくよく研究してみたら、実は問題があったというのも、全く無い話ではありません。特に、若年層に対しては、懸念を示している人少なくなさそうです。

カナダに行って大麻を使うのはどうなんだ?

これを読んでいる人の中には、もしかしたら、カナダに行って大麻を使ってみたと考えている人もいるかもしれません。日本人がカナダで大麻を使うのは、許されるのでしょうか。

とりあえず、私たちがカナダに行って大麻を使うこと自体は、問題にはならないようです。ただ、向こうから持ってきたりするとアウトという事になります。

そして、カナダに言った場合は、うっかり持って帰るというリスクもあるようです。と言うのも、大麻入りのキャンディーなども開発されようとしているからです。

こういうものだと、うっかり持って帰るという事が、無いとも言えませんよね。もし旅行をする際は、お気をつけて。


  1. カナダ、娯楽目的のマリフアナ使用10月17日に解禁
    みんなの経済新聞ネットワーク 6/21(木) 14:45配信 []


関連した記事を読む

コメントは受け付けていません。